b.glen





おすすめのトライアルキットはこちら






毛穴 対策

毛穴の開く・黒ずみ対策におすすめ

吸着による肌にやさしい洗顔料
時間を巻き戻す化粧水
高濃度ビタミンC美容液で毛穴を引き締める
長時間潤いが続く保湿ゲル


毛穴対策コスメ 詳細はこちら



にきび 対策
敏感肌のかたにもおすすめ
大人ニキビ対策

刺激が少なく・うるおいを保つ
ビタミンCでトラブル肌をケア
保湿とバリアでニキビのできにくい肌へ



にきび対策コスメ 詳細はこちら




ほうれい線 対策

たるみ・ほうれい線ケアにおすすめ

うるおいを残しながら古い角質を落とす洗顔料と高保湿化粧水
角層の奥へ浸透し、高密度なハリを育む美容液
エモリエント効果の高い濃厚なクリーム



ほうれい線対策コスメ 詳細はこちら



シミ 対策


シミ対策・美白におすすめ

汚れや古い角質はもちろん、くすみの原因になる毛穴の中
で酸化した皮脂もしっかり吸着洗顔

高い保湿効果とブライトニング効果のある化粧水
高濃度(7.5%)のピュアビタミンCを配合した美容液
QuSomeR化ハイドロキノン配合のホワイトニングクリーム


シミ対策コスメ 詳細はこちら



ニキビ跡・対策


ニキビ跡対策におすすめ

ニキビの原因となる汚れや角栓をしっかり吸着洗顔
ニキビの炎症によってダメージを受けた角層の奥まで浸透する化粧水
肌の凹凸にも色素沈着にも効果的な働きをもたらす美容液



ニキビ跡対策 詳細はこちら




ビーグレンセール2016

 

 

 

ビーグレンセール詳細は公式サイトにて

 

 

ビーグレンセール 詳細はこちら

 

 

 

 

ビーグレンとは・・

 

 

○ドクターケラーが開発した、特許浸透テクノロジーが
コスメの域を超えたスキンケア製品

 

○効果に満足いただけなかった場合は、ご購入後365日
以内は全額返金

 

○ニキビ、しみ、しわ、たるみ、毛穴の開き、毛穴の黒ずみ
でお悩みの方には特におススメ

 

 

 

こんな方にオススメです

 

○頑固なシミで悩んでいる 
○最近シワが増えてきて困っている
○毛穴の開きが気になる
○大人のニキビが治らなくて悩んでいる
○お肌がたるんで、顔が老けて見える

 

 

 

 

 

スキンケアおすすめガイド

シミを隠すこともシミを避けることも、最近の薬とか医院では困難というわけではなく、怖さもなく治せます。悩むぐらいならすぐに、効くとされているシミ対策をすべきです。
指先でタッチしたり、汚い手でつまんだりして、ニキビ痣が残留したら、美しい肌に早く治癒させることは、難しいことです。ベストなニキビ治療薬を学んで、本来の皮膚をその手にしてください。
毛穴が緩くなるためだんだん大きくなっちゃうから、保湿すべきと保湿能力が強烈なものをコットンに含ませて肌に染み込ませても、本当は顔の内側の栄養素を補うことに注意がまわりません。
毎日の洗顔をする際や手拭いで顔の水分を取るケースなど、誤ってあまり考えずに激しく擦っている人が多々います。粘りのある泡でゆっくりと手をぐるぐると動かすのを基本に優しく洗顔することを忘れないでください。
肌問題を持っている敏感肌の方は皮膚が弱いので、洗顔のすすぎが満足にできていない場合、敏感肌以外の方と比べて、皮膚へのダメージが深刻になりやすいということを覚えておくようにして対応しましょう。
肌に刺激を感じやすい方は、使用している肌のお手入れ用コスメが、刺激になるという考え方も想定されますが、洗浄の方法にミスがないかどうか、自分流の洗顔法を反省してみてください。
乾燥肌というのは皮膚に水分が不足しており、硬くなっており肌のキメにも影響します。あなたの年齢、気候、周囲の状況や早寝早起きはできているかといったファクターが重要になってくるのです。
肌のスキンケアの最終段階で、油分の表皮を生成しなければ皮膚が間違いなく乾くことになります。弾力のある皮膚に整えるものは油分であるから、化粧水・美容液のみの使用では弾けるような皮膚はつくることができません。
日々の洗顔でも敏感肌もちの人は簡単に済ませるべきでありません。肌の油分を取ってしまおうとして肌を守ってくれる油分までも取り除くことになると、連日の洗顔がダメージの原因になると考えられます。
少しでもアレルギー反応があることが過敏症と診察されることがあることになります。一種の敏感肌だろうと想定している女の人が、真の理由は何であるか病院に行くと、アレルギー反応だとの結論も出たりします。
たまに耳にするハイドロキノンは、シミケアを目的として駅前の美容外科などで出される薬と言えます。効力は、ありふれた美容製品の美白力の数十倍はあると噂されています。
悩みの種の肌荒れや肌問題の解消策としては、毎日の栄養を見直すことは始めのステップですが、満足できる布団に入って、いつでも紫外線や皮膚が乾燥に晒されていることから、皮膚を守ることも肝心なポイントです。
潤いが望める入浴ミルクが、乾燥肌と対峙している人に適しているアイテムです。顔に潤い成分を吸収させることで、お風呂の後も肌の潤い成分を減らしづらくできるのです。
化粧品会社のコスメ基準は、「顔に発生するシミになる成分を減退する」「シミが出来るのを消去する」といった有効物質が秘められている用品です。
よく聞く話として、現代に生きる女性の多数の方が『私は敏感肌だ』と考えているのです。一般的な男性にしても女の人と同じだと思うだろう方は実は多いのかもしれません。